リノ・ハピア株式会社 様

2021.06.29

▶︎ 概要

セミナー研修風景
  • 企業名

    リノ・ハピア 株式会社 様

  • 業種

    建築・大規模修繕

  • お悩み

    セキュリティ対策を行いたい

  • ご提案

    新入社員向けの 『 セキュリティリテラシー講習 』

  • 効果

    新入社員の意識改革

セミナーについて

ソニックスでは毎年リノ・ハピア様に入社した新入社員の方々向けにセキュリティリテラシー講習をご案内させて頂いております。
(サービス導入までの事例に関する記事はこちら

ウィルスの種類や特性だけでなく、感染した場合の事例や普段の生活に潜んでいる感染経路といった身近な内容を紹介することで受講者一人一人がセキュリティに関して意識付けしてもらえるような内容となっております。


セミナー研修風景1



理解度が深まる3つのポイント


セミナーの理解度をより深めるために3つのポイントを取り入れました。

ー 分かりやすい3つのポイント

1. 身近な感染経路
『うちは中小企業だから狙われない』
『現状、パソコンは使えているし、悪いサイトやメールも見ていないからウィルスに感染することはない!』と誤った認識をされている企業様も多くいらっしゃるかと思います。しかし実際は大手企業の情報を持っている中小企業の方が狙われやすいのです。そして、たとえ悪いサイトを見ていなくても、ウェブ上で何かを検索する際に表示される『広告』から感染させる、フリーWi-Fiにウィルスを混ぜて中間者攻撃をする手法などもあります。つまりインターネットに繋がっている時点でいつでも感染するリスクがあるということです。

2. ウィルス感染の動画
実際にパソコンがウィルス感染する流れについての動画をご覧頂くことで、ウィルス感染した場合の感染スピードや恐ろしさがより分かりやすく伝わります。今回は受信メールに添付されたファイルを開くことにより感染する“ ランサムウェア ”という種類のウィルスについてご覧頂きました。(感染するとパソコン内のデータがすべて暗号化され、暗証番号を提示する代わりに身代金を請求してくる極めて悪質なウィルスです。)

3. 事例と対策
実際ランサムウェアに感染し社内のデータが破壊され、黒字経営にも関わらず倒産してしまった企業様の事例を挙げることで、ウィルス感染による経営リスクについてご理解頂きました。また一人一人が意識した行動をとることも重要なセキュリティ対策の一つです。テーマ毎にすぐに取り掛かることのできる対策例を挙げることで、今後自分たちでどういった対策がとれるのかイメージして頂きやすくなります。


セミナー研修風景2



セミナー受講後のアンケート


セキュリティリテラシセミナーの受講後に新入社員の方々にアンケートのご協力を頂きましたので一部ご紹介させて頂きます。

アンケート結果


その他、『データのバックアップ等についてもっと気を付けようと感じた。』『危険は本当に身近に潜んでいると感じた。』『常にウィルスにかかる可能性があるという意識を持つことができた。』というような意識の変化が感じられる有り難いお言葉も頂けました。


まとめ

日々複合化しているウィルスから企業を守るためには、セキュリティソフトのみの対策では限界があります。『ウィルス感染は身近なところに潜んでいるため、常にリスクはある』という認識を持ち、一人一人が自分達でできる対策を行う必要があります。

今後もセミナーを通じてインターネットのリスクやセキュリティ対策についてわかりやすくお伝えし、セキュリティに対する意識を変えるためのお手伝いを続けて参ります。

一覧に戻る