【 スキャナーが繋がらない!】突然使えなくなる原因と対処法

2022.05.18

オフィスで業務を行う中で、書類などを画像データとしてパソコンに取り込むことができる複合機の『 スキャナー』機能を利用する機会が多々あります。
とても便利な機能ですが、前日まで使えていたスキャナーが突然「繋がらなくなった・共有フォルダーにアクセスできなくなった」などの困った経験がありませんか?

今回は突然スキャナーが繋がらなくなった際に考えられる原因とその対処法についてご紹介します。




スキャナーが繋がらなくなる原因


スキャナーの設定を変更していないにも関わらず突然スキャナーが繋がらなくなった場合、Windowsのアップデートが原因になっている可能性があります。

オフィス用複合機のスキャナーは、Windowsのネットワーク・マイクロソフト独自の通信方式でファイル共有やプリンター共有などを行っている場合が多いです。
そのため、この通信方式を利用しているとWindowsがアップデートした際に共有フォルダーの設定が変更されてしまい、アクセスできなくなっているケースが多々生じています。




共有フォルダーの設定が変更されている際の対処法


多くの企業はオフィスに複合機を設置し、各パソコンにスキャンフォルダを作成・共有設定する際に「パスワード保護共有」を”無効”に設定することでスキャナーを繋げています。
しかし、Windowsのアップデートにより共有設定が”有効”に戻ってしまい突然利用できなくなる場合があります。

そのため、突然スキャナーが繋がらなくなった場合は下記の手順より「パスワード保護共有」の設定内容を確認してください。




1.「Windowsスタート」ボタン上で右クリックしてください。



2.「設定」をクリックしてください。


3.「ネットワークとインターネット」をクリックしてください。



4.「ネットワークと共有センター」をクリックしてください。



5.「共有の詳細設定の変更」をクリックし、「ネットワーク探索」と「ファイルとプリンターの共有」が「無効」になっている場合は、「有効」を選択し変更の保存をクリックしてください。




6.「すべてのネットワーク」の下矢印をクリックし、表示された「パスワード保護共有」より「パスワード保護共有を無効にする」を選択し変更の保存をクリックしてください。





※ 上記「パスワード保護共有」を無効にすると、設定したパソコンの共有フォルダーに第三者がネットワークを介して無断でアクセスできるようになる場合があります。
そのため、予め送信設定時にパスワードを設定しておくことを推奨します。




まとめ


以上、突然スキャナーが繋がらなくなった際に考えられる原因とその対処法についてご紹介しました。


― スキャナーが繋がらなくなる原因
― 共有フォルダーの設定が変更されている際の対処法



パスワードが設定されていないとWindowsのアップデートにより共有設定が変更してしまうケースがあるだけでなく、セキュリティーレベルが低下してしまいます。
そのため、スキャナーの送信先設定時には必ずパスワードを設定しましょう。

一覧に戻る